ホーム  >  一悟術示道法  >  顕在意識領域の適正化の方法
顕在意識領域の適正化の方法
顕在意識領域の適正化という概念は、一悟術固有の概念のため、全ての要素を満たすものは一悟術示道法になります。顕在意識領域の適正化に関する要素は以下の通りです。

  1. 1.潜在意識・無意識領域の情報を顕在化する
  2. 2.顕在化した情報を正しく扱う
  3. 3.顕在意識領域と潜在意識・無意識領域の整合性をとる
  4. 4.本人が認識しえない重要な情報を提供できる
  5. 5.情報を立体的にとらえ、適切なものを伝えることができる

1、2、3、5に関しては、部分的にカウンセリングやコーチングなどの手法でも可能です。その点において異なる点は、扱う情報の量が大きく異なる点にあります。もちろん一概にどちらが良いかは言及できませんが、方法論に関わらず、本人にとって重要な情報のみを提示できるものが効果的でしょう。
前
本当の社会貢献に興味のある方
カテゴリートップ
一悟術示道法