ホーム  >  一悟術甦生法  >  一悟術甦生(そせい)法とは・・・
一悟術甦生(そせい)法とは・・・
 人間の意識領域は、知覚できる顕在意識領域と知覚の難しい潜在意識領域や無意識領域からなると言われています。甦生法では、この潜在意識や無意識の領域、つまり自分では知覚しにくい領域を改善していきます。実際には潜在意識領域を主に扱います。

 この領域には顕在領域では忘れ去られた情報が無尽蔵に集積しています。この集積した情報を整理するのが甦生法です。主に整理の対象となるものは以下のものです。

  1. 1. バーストラウマ(詳しい説明
  2. 2. インナーチャイルド(詳しい説明
  3. 3. 過去生トラウマ
  4. 4. 感性
  5. 5. 潜在能力
  6. 6. 瞑想
  7. 7. チャクラ

基本的には1(バーストラウマ)から3(過去生トラウマ)が自分らしく生きることへの阻害要因で、4(感性)と5(潜在能力)が生まれ持った能力で使えていない部分に当たります。この中でも1(バーストラウマ)と2(インナーチャイルド)の改善が最も効果的で重要です。そのため、1(バーストラウマ)と2(インナーチャイルド)の改善なくして他の部分を扱うことはありません。他の部分に興味のある方は、1(バーストラウマ)と2(インナーチャイルド)の施術時にお尋ねください。

カテゴリートップ
一悟術甦生法
次
バーストラウマとは・・・