ホーム  >  一悟術示道法  >  顕在意識領域の適正度テスト診断結果84〜60%
顕在意識領域の適正度テスト
■診断結果
 本来は、適正度は個人個人の潜在意識・無意識領域に対して決まってくるため、必要な項目も個人に適したものが理想でしょう。しかし、このチェックテストは、多くの人に共通しうる基本的な要素を集めて作成されています。

 実際には、チェックする際の精神状態なども影響するため、完全に正確な診断ができるものではありません。あくまで、参考程度だと思ってください。

84〜60%
 適正度を上げていくための十分な取り組みをされていると評価できます。取り組みの中で、様々な気づきをもとに進んできていることと思います。チェック項目の中の特に気になる部分に取り組むことで、さらなる成長が待っていることでしょう。

 もし、日常的に満足感が少ないとしたら、重要な問題を見落としている可能性があります。なぜなら、この程度の適正度があれば、感覚的には十分な幸福を感じられるはずだからです。そのような場合は、適正度を上げる取り組みが非常に有効でしょう。

■補足
 チェック項目には、一見相反する概念があるように思われるかもしれません。それは、本来人間は多くの側面を持っているためです。この多くの側面を、認め、適切な場面で正しく表現できるかが、適正度の高さと関係しているということです。
前
顕在意識領域の適正度テスト
カテゴリートップ
一悟術示道法
次
顕在意識領域の適正化の効果