ホーム  >  一悟術示道法  >  顕在意識領域の適正度テスト診断結果59〜40%
顕在意識領域の適正度テスト
■診断結果
 本来は、適正度は個人個人の潜在意識・無意識領域に対して決まってくるため、必要な項目も個人に適したものが理想でしょう。しかし、このチェックテストは、多くの人に共通しうる基本的な要素を集めて作成されています。

 実際には、チェックする際の精神状態なども影響するため、完全に正確な診断ができるものではありません。あくまで、参考程度だと思ってください。

59〜40%
 適正度は一般的な状態にあると思われます。ある意味では、非常に人間的で幸せな生活を送られているかもしれません。チェックがつかなかった項目について取り組みを行うことで、少しずつ自分の人生の意味が見えてくるかもしれません。

 今よりも心の底から幸福感を感じ、自分本来の生き方を目指すのであれば、適正度を上げることが必要です。自分の中にいるもう一人の自分に対して、もう少し信頼と愛情をもって接することができるようになることで、より深い幸せを得られることでしょう。

■補足
 チェック項目には、一見相反する概念があるように思われるかもしれません。それは、本来人間は多くの側面を持っているためです。この多くの側面を、認め、適切な場面で正しく表現できるかが、適正度の高さと関係しているということです。

■補足
 チェック項目には、一見相反する概念があるように思われるかもしれません。それは、本来人間は多くの側面を持っているためです。この多くの側面を、認め、適切な場面で正しく表現できるかが、適正度の高さと関係しているということです。
前
顕在意識領域の適正度テスト
カテゴリートップ
一悟術示道法
次
顕在意識領域の適正化の効果