ホーム  >  一悟術示道法  >  顕在意識領域の適正度テスト診断結果39〜15%
顕在意識領域の適正度テスト
■診断結果
 本来は、適正度は個人個人の潜在意識・無意識領域に対して決まってくるため、必要な項目も個人に適したものが理想でしょう。しかし、このチェックテストは、多くの人に共通しうる基本的な要素を集めて作成されています。

 実際には、チェックする際の精神状態なども影響するため、完全に正確な診断ができるものではありません。あくまで、参考程度だと思ってください。

39〜15%
 少し適正度が低いかもしれません。適度な混乱とある程度の喜びの中に幸せを感じながらも、どこか自分の居場所が違うような、何か別の人生があるような感じがしているかもしれません。または、そのようなことを全く感じないで、今の自分の状態を受け入れているかもしれません。

 自己成長を求めるのであれば、顕在意識領域の適正化が重要でしょう。まずは、自分がどんな人間で何のために生きているのかを深く理解することが、次のステップへの橋渡しになることでしょう。

■補足
 チェック項目には、一見相反する概念があるように思われるかもしれません。それは、本来人間は多くの側面を持っているためです。この多くの側面を、認め、適切な場面で正しく表現できるかが、適正度の高さと関係しているということです。
前
顕在意識領域の適正度テスト
カテゴリートップ
一悟術示道法
次
顕在意識領域の適正化の効果