ホーム  >  一悟術示道法  >  顕在意識領域の適正度テスト診断結果14〜0%
顕在意識領域の適正度テスト
■診断結果
 本来は、適正度は個人個人の潜在意識・無意識領域に対して決まってくるため、必要な項目も個人に適したものが理想でしょう。しかし、このチェックテストは、多くの人に共通しうる基本的な要素を集めて作成されています。

 実際には、チェックする際の精神状態なども影響するため、完全に正確な診断ができるものではありません。あくまで、参考程度だと思ってください。

14〜0%
 もしかしたら、チェック項目を見直して、肯定的にとらえた上でテストをやり直すと良いかもしれません。言葉のとらえ方で結果が変わってしまうことがあるためです。

 適正度の観点からは不十分かもしれませんが、あなたの潜在意識領域には、様々な才能が眠っていることと思います。この眠っている才能を呼び起こし、十分に発揮できるようになるために、適正度への取り組みは必要不可欠なことでしょう。正しい努力を適切に行うことで、劇的な変化を起こすことができるかもしれません。

■補足
 チェック項目には、一見相反する概念があるように思われるかもしれません。それは、本来人間は多くの側面を持っているためです。この多くの側面を、認め、適切な場面で正しく表現できるかが、適正度の高さと関係しているということです。
前
顕在意識領域の適正度テスト
カテゴリートップ
一悟術示道法
次
顕在意識領域の適正化の効果